ひとなみの生活をしたいみなさまへ

ひとなみ生活

【医療保険】子宮頚管・内膜のポリープ手術は対象?

女性にとって、下腹部の痛みって心配ですよね。

不正出血など原因不明な場合は、放置せず婦人科など専門医へ診てもらうのがベターです。

今回は、子宮頚管・内膜のポリープでお悩みのみなさまへ、医療保険の支払・加入の目安をご紹介いたします。

子宮頚管ポリープとは?

子宮頸管ポリープとは、子宮の入り口にあたる子宮頚管部分に、粘膜の上皮細胞が増殖して形成される良性腫瘍です。

通常3~5ミリほどの大きさで、仮に増大したとしても1センチ程度といわれています。

子宮がん検診や不正出血で気づくことが多いですね。

がん化して悪性腫瘍となることはまれなので、自覚症状がなければ放置していても問題はありません。

子宮頚管ポリープの治療は、手術による切除が一般的です。

よほどの大きくなければ外来で済み、手術時間も10分程度です。

手術費用も健康保険適用で数千円~1万円程度と比較的安価なため、子宮頸管ポリープ発見後は、すみやかに手術で切除してしまう人が多いです。

子宮頚管ポリープは医療保険・手術の対象?

”子宮頸管ポリープ切除術(K866)は、請求件数の多い手術です。

健康保険適用の手術のため、公的医療保険連動型タイプは手術給付金の支払対象となります。

手術88種タイプは手術番号50「その他の子宮手術」欄に、”子宮頸管ポリープ切除術は除く”と明確に除外されています。

比較的かんたんな手術であること、症例が多いことから除外手術とされています。

子宮内膜ポリープとは?

子宮内膜ポリープとは、子宮の内腔を覆っている子宮内膜がキノコ状に発育した腫瘍で、大きく長くなると子宮口の外まで出てくることもあります。

子宮頸管ポリープと同様、子宮内膜ポリープも基本的に良性腫瘍であり、がん化することはほとんどありません。

しかし、子宮頸管ポリープよりも発生率は低いものの、大きさは1㎝~10㎝を超える場合もあります。

貧血、不妊症の原因とも考えられており、早急な治療が必要です。

子宮内膜ポリープは医療保険・手術の対象?

子宮内膜ポリープ切除術(K872)も健康保険適用の手術であり、公的医療保険連動型タイプは手術給付金の支払対象です。

手術88種タイプでも手術番号50「その他の子宮手術」に該当し、入院日額の20倍が支払対象となります。

子宮頚管ポリープと比べて、子宮内膜ポリープは開腹手術が基本であり、難易度が高いことが理由としてあります。

子宮頸管ポリープ・子宮内膜ポリープのいずれも、公的医療保険連動型では、手術も支払倍率に相違はありません。

しかし、手術保障88種タイプでは、発生リスク、手術難度などを考慮し、子宮頚管ポリープは対象外、子宮内膜ポリープは入院日額の20倍がお支払い対象です。

新しい保険の加入は?

◇子宮頚管ポリープ

手術・全治後でしたら、医療保険・がん保険ともに無条件で加入できる保険会社がほとんどです。

◇子宮内膜ポリープ

手術・全治後1~2年経過していれば、医療保険・がん保険ともに加入できる保険会社が多いですね。

ご注意点として、子宮頚管ポリープ・子宮内膜ポリープともに、経過観察中や治療中は新しく保険に加入することは難しいです。

まとめ

備えあれば患いなし。

健康なうちに、遅くても病院に行く前に、保険の見直しや追加の検討をおすすめいたします。。

-保険

error: Content is protected !!

Copyright© ひとなみ生活 , 2019 All Rights Reserved.