人並みの生活をしたいみなさまへ

ひとなみ生活

【医療保険】睡眠時無呼吸症候群の検査入院は対象?

睡眠時無呼吸症候群は、寝ている間に何回も呼吸が止まる病気です。

睡眠中に平均して1時間に5回以上、それぞれ10秒以上呼吸が止まる場合は、この症候群の可能性があります。

国立循環器病研究センターでは年間約500人の方がこの検査を受け、うち約80%がこの症候群の疑いがあると診断されています。

これは単に呼吸が止まるだけの病気ではありません。心臓、脳、血管に大きな負担をかけています。

睡眠時無呼吸症候群の人は、高血圧症、脳卒中、狭心症、心筋梗塞など、循環器系の病気を合併する危険が高まることがわかっています。

無呼吸回数が多くなるにつれて、つまり重症になればなるほど、そのリスクは高くなります。

睡眠時無呼吸症候群の治療のきっかけは、家族や友人に寝ている間の無呼吸やいびきを指摘されることが多いです。

まずは問診を受け、簡易検査を経て、1泊2日の入院で本格的な検査をするのが一般的な流れです。

はたして、睡眠時無呼吸症候群の検査入院は、入院給付金の対象となるのでしょうか。

今回は、「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」でお悩みのみなさまへ、医療保険の支払・加入の目安をご紹介いたします。

入院給付金の支払要件

入院給付金のお支払い要件として、治療を直接の目的とした入院であることと約款に記載されています。

検査入院は、睡眠時無呼吸症候群を”診断確定”するためのです。

つまり、入院前は睡眠時無呼吸症候群の疑いの状態です。

約款に照らし合わせると、検査入院は対象外と解釈することもできますが、一般的に睡眠時無呼吸症候群を診断確定する入院は、治療を直接の目的とした入院として、医療保険の支払対象です。

理由は、今後の治療方針を決めるのに欠かせない治療過程であり、検査入院も治療を直接の目的としたものとて解釈しているためです。

注意点として、医師法に定める”病院または診療所”であることも必須要件です。

睡眠時無呼吸症候群の専門クリニックには、病床登録のない病院も存在します。

検査は健康保険適用になることは同じなのですが、病床登録のない病院ですと、1泊の検査入院をしたとしても、入院料は自費であり入院料が算定されず、入院給付金は対象外です。

よくあるケースとして、クリニックで診察・検査、近くのビジネスホテルで宿泊といった場合、病床登録がないため入院給付金が対象外となります。

検査入院は対象外!?

検査入院は入院給付金の対象外、と聞いたことがある人もいらっしゃると思います。

入院給付金のお支払い対象外である検査入院は、人間ドックなど健康診断を目的とした入院です。

睡眠時無呼吸症候群のような検査入院は、治療を目的として”行われるものであり、人間ドッグなどの検査入院とは本質的に異なるものです。

保険会社の社員や保険ショップ、FPでも結構知らない人が多いのが現実ですね。

まとめ&新しい保険の加入は?

睡眠時無呼吸症候群の検査費用は、高くても数万円です。

入院給付金で全額を賄うことは難しいですが、少しでも治療費の足しにできたらとお考えの人は、治療先の病院を決める際に、医師法に定める病院または診療所かどうか、ご確認されることをおすすめします。

なお、睡眠時無呼吸症候群の人は、まことに残念ながら”がん保険以外”で新しく保険に加入することは難しいです。

一定の条件を満たせば、告知緩和型医療保険でしたら加入できます。

睡眠時無呼吸症候群の検査入院は、1泊2日が基本です。

現在加入中の保険を大切にしつつ、入院一時金特約など追加契約を検討してみてはいかがでしょうか。

-保険

error: Content is protected !!

Copyright© ひとなみ生活 , 2019 All Rights Reserved.