ひとなみの生活をしたいみなさまへ

ひとなみ生活

センスは大丈夫?保険の無料相談・見直し、3つのポイント

保険選びは、洋服選びに似ています。

買ったときは素敵な洋服も、年齢を重ねると似合わなくなってくるものです。加入したときは最適だった保険も、ライフスタイルの変化によって、必要な保険が足りなかったり、多かったりしてきます。

親戚・知人にすすめられた洋服を、いつまでも着続けている人はどこにもいません。一方、保険は親戚・知人にすすめられたままって人が、意外なほど多いです。

まれに、保険なんか必要ないっていう人もいますが、裸でも平気なのは王さま(資産家)くらいです。

人それぞれ似合う服が違うように、必要な保険も異なります。定番でサイズもぴったりな保険、トレンドも取り入れたコスパのよい保険を、自分のセンスで選びたいですね。

ここからは、保険の無料相談・見直しのポイントを3つ、紹介いたします。

ポイント1:餌(えさ)に釣られない!

保険の無料相談で商品券○千円、特選ギフト(和牛・お米など)のキャンペーンって、なかなか魅力的ですね。

しかし、損をしない保険の相談をしたいなら、キャンペーン実施中の保険ショップ・FPは避けるのが無難です。

そもそも、キャンペーン費用は誰が負担しているのでしょうか。

保険ショップ、もしくはFPのいずれかです。

保険ショップ・FPともにボランティアではありません。今日はよい保険相談ができたし、プレゼントも喜んでもらえてよかった、ちゃんちゃん。それでは、おまんま食い上げになってしまいます。

時間と労力、さらにお金(キャンペーン費用)までかけて、なんの成果(=契約)にもつながらなかったら、保険ショップ・FPにとっては、骨折り損のくたびれ儲けです。

キャンペーンをしている場合、費用に見合った成果を挙げるため、それ相応の売り込みをかけてくることが想像できます。質の低い保険ショップ・FPによっては、利益率が高い保険を売りつけてくるかもしれません。

必要のない保険を売りつけられるかもって意識は、はじめて保険の無料相談に行く人が、二の足を踏む理由のひとつですね。

なお、1,000円程度の粗品・クオカードなどでしたら、さほど恩着せがましくされることもないので、ありがたく頂戴しても心配ありません。

ポイント2:情報弱者は、鴨がネギを背負っているのと一緒!

保険のプロに相談するのだから、きっと役に立つ話を聞かせてくれて、よい保険を勧めてくれるに違いない、って思いこむのは危険です。

なにも情報がないまま、取り急ぎ相談へ行ってみるのは、避けたほうがよいでしょう。百戦錬磨の保険ショップ・FPにとって、鴨がネギを背負ってくるのと、なにも変わりません。

保険の知識が十分にあり、最新商品も把握している人は必要ありません。大切なのは、相場を知ること、必要な保障のイメージをもつことですね。

たとえば、”医療保険を見直しでアフラックとオリックスで迷っている、メリットとデメリットを教えてほしい”とか、”老後資金準備で、元本保証のある返戻率のよい保険を紹介してほしい”など、といった感じです。

相談内容が具体化できていると、相談時間の節約、無駄な保険を売りつけられるリスク軽減、必要なアドバイスが受けやすいなど、メリットだらけです。

ポイント3:エースをねらえ!

保険ショップ・FPのレベルはピンキリ、当たり外れがあります。

新人もいれば、数十年のベテランもいるのでいたしかたありませんが、せっかく時間をかけるのでしたら、経験豊富なベテランにお願いしたいところです。

質と満足度の高い保険相談を実現するためには、事前予約が効果的です。

近所の保険ショップに予約なしでふらっと訪問しても、他の予定があって十分な対応をしてもらえなかったり、氏名・年齢など個人情報のヒアリングから始まったり、無駄な時間を過ごすことになりかねません。

事前予約によって、個人情報や相談内容を事前に伝えることができ、時間の節約にもつながります。

経験豊富なベテランに担当してもらうためには、予約確認の電話がきたら、”店長”もしくは”一番売れている人”を指名することです。

もし希望日時があわなければ、日程変更してもベテランを指名したほうがよいですね。

まとめ~Time is Money~

保険について考えるのは、長い人生の中でそう何度もあることではありません。たった数時間の資料請求&無料相談で、月々数千円、年間数万円もお得になる可能性もあります。

資料請求&無料相談にかかる時間を時給に換算すると、数千円・数万円にもなります。キャンペーン特典なんか必要ないほど、家計の節約硬化が期待できますね。

過去に無料相談に行っていまいちだった人も、他の保険ショップ・FPで最適な担当者に出会えるかもしれません。

洋服を買うときも、ひとつのお店だけではなく、比較・検討しながら複数のお店で選ぶことが多いのと同じことです。

最後に、保険の無料相談・見直しに際して、一番重要なことをお伝えします。

洋服はほしいときに好きな服が買えますが、保険はほしいときに健康状態が悪いと、希望の保険には加入できません。

希望の保険が選べる健康なうちに、専門家へ相談することをおすすめいたします。

-保険, 節約

error: Content is protected !!

Copyright© ひとなみ生活 , 2019 All Rights Reserved.