ひとなみの生活をしたいみなさまへ

ひとなみ生活

【朗報】妊婦さんでも加入できる医療保険・共済のまとめ

女性にとって、出産は命がけの仕事です。妊娠するのも神様の思し召し、そして母子ともに無事に出産を迎えるのは、本当に奇跡的なことです。

妊娠すると、初期は悪阻(つわり)や流産が心配ですね。

安定期になっても、切迫早産、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病など油断はできません。

さらに臨月を迎えても、逆子、前置胎盤、胎児時ストレス、微弱陣痛、予定日超過など、無事に出産を終えるまで心配事は枚挙にいとまがありません。

さて、妊娠から出産までの様々な心配事を、経済的に少しでも減らすべく、医療保険への加入を検討している妊婦さんに、耳寄りな情報をお届けします。

妊娠中でも加入できる保険はあるのか、それはお得なのか、それとも損なのでしょうか。

今回は、Rさん(30歳女性)・妊娠18週目(4か月・初産・健康状態問題なし)の事例です。

妊娠18週(4か月)から臨月(10か月)まで保険に加入し、帝王切開で10日間入院した場合の費用対効果をご紹介いたします。

一般的な医療保険に加入できる?

妊娠中であっても、特段の異常がなければ、加入することはできます。

ただし、異常分娩・異常妊娠、子宮などに部位不担保という条件付の契約となり、今回の妊娠・出産に関する保障は、いっさいありません。

保険会社によって異なりますが、部位不担保期間は1年が目安となります。

今回の妊娠・出産を保障してくれる保険はある?

もちろんあります。代表的な医療保険・共済は次の3つです。

①おかあさん保険ABC

②コープ共済 たすけあい

③引受(告知)緩和型の医療保険(オリックス、ひまわり、メットライフ、アフラックなど)

加入条件(妊娠関連の告知内容)は?

①おかあさん保険ABC

・妊娠19週目まで

②コープ共済 たすけあい

・過去1年以内に妊婦健診で異常を指摘されたことがありますか
・”健康保険適用”の検査、診察、治療、薬の処方、通院指示を受けているか
例:貧血、つわりなどによる薬の処方、切迫流産・早産、子宮頚管無力症、妊娠高血圧症候群など
・過去5年以内に帝王切開をしたことがあるか

③告知緩和型医療保険(例:オリックス・新キュアサポート)

・妊娠関連の告知はなし(妊娠はOK)

保険料はいくら?(30歳女性・毎月/妊娠18週(4か月)~臨月(10か月)までの6か月分)

①おかあさん保険ABC

・1,850円(月)/11,100円(6か月)

②コープ共済 たすけあい(L2,000円コース)

・2,000円(月)/12,000円(6か月)

③告知緩和型医療保険(例:オリックス新キュアサポート日額5,000円)

・2,996円(月)/17,976円(6か月)

帝王切開で10日間入院、いくらもらえる? 費用対効果は??

①おかあさん保険ABC

・50,000円(帝王切開のみ対象)

費用対効果は、50,000円-11,100円=38,900円です。

②コープ共済 たすけあい(L2,000円コース)

・120,000円(入院80,000円、帝王切開40,000円)

費用対効果は、120,000円-12,000円=108,000円です。

③告知緩和型医療保険((例:オリックス新キュアサポート日額5,000円)

・50,000円(入院25,000円、帝王切開25,000円)

費用対効果は、50,000円-17,969円=32,031円です。

妊娠中でも加入できる医療保険・共済のまとめ

上記Rさんの事例(帝王切開で10日間入院)では、②コープ共済・たすけあいが費用対効果の高い保険といえます。

加入条件(告知事項)は一般的な医療保険と同等ですが、健康状態にまったく問題のない妊婦さんは②コープ共済・たすけあいがおすすめです。

入院は必要ないけれどお腹の張り止めをもらったり、精神疾患などで治療中の妊婦さんは、医師から入院や帝王切開を指示されていない、かつ所定の告知条件(過去2年以内に入院・手術なしなど)をクリアできれば、臨月間近であっても③告知緩和型医療保険に加入することができます。

妊娠中に何も異常がない人は②コープ共済たすけあい、すでに何かしらの異常を指摘されている人は、③告知緩和型医療保険の検討をおすすめいたします。

-保険

error: Content is protected !!

Copyright© ひとなみ生活 , 2019 All Rights Reserved.